自転車ブームとサイクルショップ

子供から大人まで、日常の中に自転車を交通の手段として使っている方は多いと思います。手軽に乗ることが出来る自転車は、私たちにとって身近な移動手段の一つです。
この自転車がいつ生まれたのか、ハッキリとした年代はわかりませんが、19世紀の初頭にヨーロッパで生まれた物だといわれています。
日本では、19世紀後期には自転車が製造されていたという記録もありますが、自転車に似た乗り物は、もっと以前に存在したという話もあります。

自転車が製造、販売されるようになるということは、その自転車を販売するお店も登場します。最近では自転車ブームということもあって、町中にサイクルショップが目につくようになりました。

みなさんも町のサイクルショップに贔屓にしているお店があったりするかもしれませんが、最近のサイクルショップはロードバイクやマウンテンバイクといったスポーツタイプの自転車を販売するところも増えており、ずいぶんと垢抜けした雰囲気もあり、若い世代、特に女性がスポーツタイプの自転車を購入する人も増えていると聞きます。
自転車が登場したころは、富裕層の女性を中心に自転車クラブなどの集まりが出来ていたと聞きますから、今また自転車が女性に注目されていると思うと感慨深い気持ちにもなります。

自転車ブームに乗る

最近の自転車ブームでは、ある傾向があります。それは、若年層に広く自転車ブームが広がったという点です。
その原因が自転車を題材とした漫画の人気です。漫画ブームに追われるように自転車ブームも広がったと思ってもらってもいいかもしれません。

ただ、この自転車ブームというのも少し違うかもしれません。
そもそも、以前から自転車は多くの人の移動手段として親しまれていました。日本での自転車の普及率は本場のヨーロッパと比較しても低くはなく、むしろ他の諸外国よりも高いと言われています。
当然かもしれませんが、自転車の普及率は車の普及率よりも高いという調査結果もあります。

そのため、自転車ブームは以前から継続しており、今回の自転車ブームとは、自転車そのものではなく、自転車の中でも一部のスポーツタイプの自転車に注目が集まったと受け取ることも出来ます。

このスポーツタイプの自転車は、一般的に普及している、いわゆる「ママチャリ」とは違い、大変高価な乗り物です。
1台数十万円するものから、果てには数千万円する、高級自動車に匹敵する自転車も存在します。
このように、1台の単価が大きい自転車を求める人が増えたことで、自転車ブームが加熱したように感じるのかもしれません。

自転車の危険性

自転車は私たちにとって、車より手軽に乗ることが出来る移動手段の一つです。
通勤や通学、スーパーへの買い物で自転車を利用していると思います。そのため忘れられがちですが、自転車は分類上「軽車両」という車の仲間に分類されています。

ここで一つの例を挙げると、自転車に乗っていた人が、高齢の歩行者に後から衝突してしまい、高齢者の方は大きな怪我と後に障害が残る結果になりました。
この倍賞は、お金によって支払われるのですが、その賠償額が7000万円と、自転車を運転していた方は高額の賠償支払うことになったのです。

このケースは、珍しいとひとつの例だと思われるかもしれませんが、自転車事故の場合、こうした高額の賠償は珍しいものではありません。

自転車事故で、相手に重度の障害が残る怪我を負わせてしまった場合、賠償金が高額になるのは普通にあることなのです。

そのため、自転車を運転する際には、周囲の人間に注意をし、自転車を運転する本人も同じ自転車を運転している人、車道を走る車に注意を払う必要があります。